俗に言うおやじ臭いです。

加齢臭は30歳代から起こります「。


加齢臭は脂ぎったおやじのイメージがしますよね
加齢臭の元は皮脂です。

皮膚には汗腺と皮脂腺が有ります

本来臭いを出す機能ではありません

でも食事やストレスで皮脂の酸化が進んだりして
その結果いろいろな脂肪酸になって臭い物質が造られます

加齢臭は男性特有と言えます。

しかし女性にも起こります

閉経後女性ホルモンが減り男性ホルモンが優位に立つと女性にも加齢臭が起こります。

加齢臭にならないように気を付けたいですね。

加齢臭にならない為には、まず食生活の改善が必要です。

甘いスイーツなどは避けるべきです。

更に上質な油が大切な点です

油が古い酸化した物が避けるべきです

酸化はさびの事  さびは老化なので抗酸化物質を沢山摂取する事で臭いの改善が可能です。

皮脂の酸化を防止するには抗酸化ビタミンはビタミンEです。

アボカドやナッツ類やゴマに多く含まれています。

ビタミンcも一緒に摂取する事で抗酸化力が高まります。

ビタミンCは、かんきつ類や果物に多く含まれています。

更に野菜や海藻類いずれもビタミンCが豊富

飲み物としては日本茶含まれるカテキンやタンニンや口臭の消臭効果が期待出来るので是非飲まれる事をお勧めします。

赤ワインにもポリフェノールが多く含まれています

しかし赤ワインはアルコールも含まれていいる為 適度にの漏れる事が良いでしょう

飲み過ぎは肝臓を悪くするので注意が必要です。