まずワキを清潔を保つことが大切です

ワキガの臭いは汗を出す汗腺類の分泌物と皮膚の潜む細菌類の結合から起こる事が確認されているので

皮膚を清潔に保つことが一番有効策と言われています。

なので分泌物を削除し菌を殺す事が臭いの発生の元を無くすことが出来ます。

ワキガの臭いがあまり臭くは無い方には有効な手段です。

ワキの汗をこまめにふき取り絶えず清潔を保つ

市販の消毒用軟膏も良いとされています

入浴時はわきの下を丁寧に洗う事が大切です

入浴後は脇の下をアルコールが含んだコットンを利用して拭く事で皮膚についている雑菌を除去出来るので
ワキガの臭いを封じ込める事は可能です。

日中も同じことです

わきの下に アルコールが含んだ シートを張っておく

又は市販の消毒用軟膏を塗っておくそしてシートを張っておく

この点のメリットは2つ
1雑菌の 増殖を抑え
2衣類のわきの下をきれいに保つことが出来ます。
そして汗が気になりだしたら アルコールが含んだ シートを交換する事で雑菌の増殖を抑える事が出来ます。

至ってシンプルですがワキガ臭を抑えるには理にかなった方法です。

この方法のデメリットは日に数回 アルコールが含んだ シート の交換が必要になります。

アルコール消毒でアレルギーを反応を起こす方には不向きです

又毎日皮膚を消毒するので肌荒れを起こす事も考えられます。

それは、それとして是非試してみる価値はあると筈です。

コストもそれほどは掛からない有効手段です。